台風11号 大分県内には6日午前中に最接近の見込み 5日昼過ぎには強風域に 大分

2022年09月04日 18:00更新

大型で非常に強い台風11号は、大分県内には6日の午前中に最も接近する見込みです。

大型で非常に強い台風11号は、4日午後5時現在、久米島の西北西にあり1時間におよそ20キロの速さで北に進んでいます。

中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートルです。

県内には6日の午前中に最も近づくと見られていて、県内の早い所では5日の昼過ぎに風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。

また、5日の昼過ぎから6日にかけて、県の南部を中心に局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。

交通にも影響が出ています。

海の便は、大分と四国を結ぶ国道九四フェリーは4日夜から、津久見港と保戸島を結ぶ便は4日夕方の便から欠航を決めています。

JRは特急列車、普通列車ともに5日の夕方以降、運休や運転見合わせとなる便が出ています。

最新のニュース