大学生から5000円奪い逃走 強盗容疑で無職の男を逮捕 大分

2022年09月02日 11:29更新

1日未明、大分県大分市のドラッグストアの駐車場で起きた強盗事件で、警察は近くに住む無職の男を逮捕しました。

強盗の疑いで逮捕されたのは大分市羽屋新町の無職、大野佑紀容疑者43歳です。

警察によりますと大野容疑者は1日午前0時50分ごろ、大分市羽屋のドラッグストアの駐車場で、自転車に乗っていた男子大学生に対しナイフを示して金を要求し現金5000円を奪った疑いが持たれています。

 

大野容疑者は現場から逃走していましたが、警察が周辺の防犯カメラの解析などを行った結果、大野容疑者が関与した疑いが強まり、2日未明、自宅の周辺にいたところを逮捕したということです。

 

調べに対し大野容疑者は容疑を認めていて、警察が犯行に至る経緯や動機などを追及しています。

最新のニュース