早すぎたようです…「観測史上最速の梅雨明け」を変更

2022年09月01日 18:30更新

2022年の梅雨についての話題です。

 

大分県を含む九州北部地方は平年の梅雨入りが6月4日、梅雨明けが7月19日であるのに対し、2022年の梅雨入りは6月11日、梅雨明けは6月28日に発表され、過去最も早い梅雨明け、過去最も短い梅雨と言われました。

 

ただ、これは気象庁では「速報値」という扱いで、毎年、梅雨が終わったこの時期に振り返って見直しをし「確定値」を発表しています。

それが1日、発表されましたが梅雨明けが7月22日で41日間となりました。

過去にも梅雨の期間が見直されることはありましたが、ここまで大幅に変わるのは例がありません。

結果的に梅雨の期間としては例年とあまり変わりませんでしたが、6月に観測史上最高気温となるなど記録的な猛暑もありました。

そういう意味ではやはり異例な梅雨だったと言えるのかもしれません。

最新のニュース