台風11号、大荒れのおそれ 週明けの県内は「危険半円」に 事前の備え再確認を 大分

2022年09月01日 18:30更新

台風11号の最新情報です。

台風11号の進路予想図を見ていくと、東シナ海を北上しながら東にカーブする予想となっています。世界各国の気象機関の予想を見ますと、朝鮮半島と九州の間を進んで行く進路で概ね傾向が揃ってきています。

台風というのは進行方向右側で風や雨が強くなりやすく、右側は「危険半円」と呼ばれます。大分県内は5日から6日頃にこの危険半円に入り、大荒れとなる恐れがあります。

週末にかけてハザードマップの確認をはじめ、暴風への備えや停電対策など事前の備えをしておきましょう。

最新のニュース