大分の医師確保へ 県外の医学生が病院巡るバスツアー

2022年08月04日 11:32更新

医師の確保に向けて県外の医学部に通う大学生を招待し病院を巡るバスツアーが4日から行われています。

 

これは県外の医学部や薬学部に通う大学生に大分県内で医師として働いてもらおうと、県が毎年行っているものです。

ことしは福岡や山口などから7人の学生が参加し、3つのコースに分かれてそれぞれ3か所の病院を巡ります。

 

そのうちの4人は4日午前、大分大学医学部附属病院を訪れ、始めに勤務する医師から診療内容や勤務条件などについて説明を受けました。

そしてドクターヘリを見学し、指定医療機関に求められる役割などを学んでいました。

 

◆参加した医学生

「今回の研修ですが、このようなバスツアーを検討してもらってたくさん大分の魅力を知ることができたので前向きに働くことを検討したい」

 

このバスツアーは5日まで行われます。

県は「こうした取り組みを通して県内の医療機関をアピールし医師の確保を進めていきたい」と話しています。

最新のニュース