全国唯一の生産地・国東 「七島イ」の刈り取り 畳表の材料に

2022年08月03日 18:30更新

大分県国東市で、七島イの刈り取りが始まっています。

主に畳表の材料として使われる七島イ。

一般的なイグサより耐久性に優れ、火にも強いという特徴があります。

全国唯一の生産地・国東市で今、刈り取りの時期を迎えていて、松原正さんの田んぼでも先週から作業が始まりました。

全て手作業で刈り取っていきます。

天候に恵まれたことしは生育が良く、畳表にして例年より100枚多いおよそ600枚分ほどの収穫を見込んでいるということです。

◆生産者 松原正さん 

「使ってみて本当の良さがわかるので、皆さん使っていただけると本当に嬉しい」

最新のニュース