人工呼吸器など必要な子供と家族を支援 大分県が7月にセンター開設

2022年06月20日 18:30更新

日常的に人工呼吸器などが必要な子供たちを支援するため、大分県が医療的ケア児支援センターを開設することになりました。

 

これは20日に開かれた県議会の一般質問で、自民党の大友栄二議員の質問に山田雅文福祉保健部長が答えました。

医療的ケア児とは、人工呼吸器やたんの吸引などが日常的に必要な子供のことで昨年度の調査では県内におよそ130人いるということです。

県はこうした子供や家族をサポートする施設として7月、医療的ケア児支援センターを開設することになりました。

 

別府発達医療センター内に併設し、相談員や医師を配置してワンストップで相談に応じるということです。

最新のニュース