秋には3年ぶりの「コスモスまつり」 地元の子どもたちが種まき

2022年06月20日 11:33更新

大分県大分市の河川敷で、20日、地元の子供たちなどがコスモスの種まきを行いました。

 

大分市大在地区の大野川河川敷には毎年秋になると、およそ20万本の美しいコスモスが咲き誇ります。

地域の交流などを目的に2006年から毎年種まきを行っていて、20日は地元の幼稚園やこども園の子供たちのほか、地域の高齢者などおよそ350人が種をまいていきました。

 

◆子どもたちは

「みんなでまいて楽しかった」

「大きくなってほしい」

「みんなに見てほしい」

 

この日、種をまいたコスモスは秋には見ごろを迎え、10月23日には過去2年、新型コロナで中止となっていた「コスモスまつり」が3年ぶりに開かれる予定です。

最新のニュース