子どもたちが赤十字の仕事を体験「事故があったときに助ける」 大分・大分市

2022年05月14日 16:17更新

日本赤十字社の仕事を体験できるイベントが14日、大分県大分市で開かれました。

新型コロナの影響で3年ぶりの開催となり、家族連れなどおよそ600人が参加しました。

このうち災害時の救護活動が体験できるコーナーでは、子どもたちが担架を使ったけが人の搬送方法などについて楽しみながら学んでいました。

 

◆参加した子どもは

「楽しかったです」

「事故があった時に、偶然そこであったら、その人を助けることができる」

 

日本赤十字社県支部は「イベントがボランティアなどに興味を持つきっかけになれば」と話しています。

最新のニュース