大分県内で5件のクラスター カラオケや学校などで

2022年05月13日 15:00更新

新型コロナウイルスについて、大分県は13日、353人の感染を発表しました。

新たに5件のクラスターが発生したと判断しています。

 

クラスターが発生したのは、中津市の会食及びカラオケと学校でそれぞれ1件。

津久見市の事業所、日田市の幼児教育・保育施設、宇佐市の学校でそれぞれ1件です。

 

県は、大型連休中の県をまたぐ移動や会食によると思われる感染が増えているとし、会食を行う場合は感染対策を徹底するよう呼びかけています。

最新のニュース