県内全域で雨 13日にかけて急な強い雨や落雷に注意

2022年05月12日 11:33更新

低気圧や湿った空気の影響で12日の大分県内は全域で雨となっています。

南部の多いところでは1時間に20ミリの強い雨が降る見込みで、気象台が注意を呼びかけています。

大分地方気象台によりますと、12日の県内は低気圧や湿った空気の影響で全域で雨となっています。この雨は12日夕方まで続き、一旦止むものの、13日の昼前から再び降る予報となっています。

 

13日正午までに予想される1時間雨量はいずれも多いところで南部で20ミリ、中部で15ミリなどとなっています。また、13日正午までの24時間に降る雨の量は南部で50ミリ、中部で40ミリなどと予想されています。

 

気象台は雨の降り方によっては大雨注意報を発表する可能性があるとして、急な強い雨や落雷に注意するよう呼びかけています。

最新のニュース