故郷と東京でスキル生かした2拠点生活 泉都・別府で見つけた自分らしい生き方

2022年05月08日 13:00更新

古里・別府への恩返し 会社設立し 東京との2拠点生活で活動

 

「2拠点生活していて、オフィスは無いですね。私生活と仕事みたいな区切りはあまりないかもしれないです」

こう話すのは株式会社HAAの代表・池田佳乃子さんです。湯の花由来の成分を使用した「限りなく天然温泉に近い入浴剤」を販売し、別府の湯治文化を広めていこうとしています。サタデーパレットにはコメンテーターとして、スタジオに生出演してくれました。

 

 

そんな池田さんは古里である大分県別府市と東京の2拠点生活をしています。こうした新しいライフスタイルを始めたのは2018年から。その2年後の取材の際には次のように話していました。

 

ーー池田佳乃子さん(2020年当時)

「もともと住んでいた街で自分のスキルを活かしたいと思って、こっちで過ごすことを決めました。もっと別府に恩返しできるようなことが自分自身でもやっていきたいなと思っています」

 

地域のために貢献する人たちに刺激

 

 

当時は空き家の再生事業などに取り組み、築およそ90年の旅館をコワーキングスペースにするプロジェクトを手がけました。「古里・別府への恩返し」池田さんは東京で勤めていた広告代理店での仕事を通じて、その思いが芽生えていったといいます。

 

ーー池田佳乃子さん

「ふるさと納税のマーケティングに関わっていたり、途上国のために活動する日本人の方を取材していたりしたんですね。その時に地域のために自分自身のスキルで貢献している人たちにすごく刺激を受けて、私もやりたいなと思いました」 

 

そんな池田さんが2021年に立ち上げたのがHAA。

会社のミッションとして「日常に、深呼吸を届ける」ことを掲げ、仕事に励んでいます。

 

むし湯でオンライン会議も 決まった職場の無い働き方

 

別府市での拠点は鉄輪。鉄の輪と書いて「かんなわ」と読みます。

湯煙が立ち上る通りの一角で、池田さんはパソコンを操作していました。

 

ーー池田佳乃子さん

「細かなスケジュールを組んでもらえると私も確認しやすいのでお願いします」

 

 

外で行っていたのはオンライン会議です。決まった職場を持たない池田さんは屋内のコワーキングスペースで仕事をすることも多いそうですが、この日は周囲に迷惑をかけないよう、外に出て打ち合わせをしていました。時には温泉の街・別府ならではの場所でオンライン会議をするそうで…

 

ーー池田佳乃子さん

「空いていたら無料のむし湯で足むししながら作業したりもしますね」

 

届けたいのは商品だけではなく 別府の魅力

 

この日の池田さんは会社のSNSで発信する写真を撮影していました。

HAAのミッション、「日常に、深呼吸を届ける」をイメージした写真を撮影します。商品の入浴剤が出てこない写真も多く、その理由を聞くと…

 

 (画像:池田さん提供)

ーー池田佳乃子さん

「HAAというブランドの背景など商品だけじゃないものを伝えたいなと思っています。そうすることで、(写真を)見た方が別府に行きたいとか湯治文化はこういうことなんだと知ってもらえたらいいなと思っています」

 

「別府への愛がすごい」池田さんを知る人たちは

 

池田さんのイメージを写し出すのは友人のヒョンさんです。普段は会社員で、カメラマンは副業。ヒョンさんは夫婦で全国各地を旅しながら現地で仕事を行う「ワ―ケーション」を実践しています。

池田さんについて聞いてみると…

 

 

ーーヒョンさん

「彼女からいろいろ話を聞くと、別府への愛がすごい。別府の湯治文化を世界に伝える、そういった役目を担って大活躍していただきたいなと思っています」

 

別府を盛り上げようと奮闘する池田さんに地元の人たちもエールを送ります。

 

ーー鉄輪の宿のおかみさん

「魅力は可愛らしさですよね、裏表も無い。会社も起業してよく頑張っていると思います」

 

「自分の好きなことを」きっかけは夫の勧め

 

東京にある池田さんの生活拠点には雑貨店も併設されていて、HAAの入浴剤や大分の雑貨などを紹介しています。建築士の夫・航さんの仕事場も同じ場所にあります。航さんから見る池田さんは?

 

 

ーー航さん

「自分らしく生きている感じがすごくあるので、僕はうらやましいなと見ています」

 

池田さんが別府と東京の2拠点生活を始めたのには航さんの勧めがありました。

 

ーー航さん

「忙しさとうまくいかないとかで、すごくすさんでいた時期があって、(別府に)行っちゃえばいいんじゃない?と軽いノリだったんですけど。(今は)会社を興したばかりの時でもあるので、まずは自分の好きなことをやって自分が好きなことを表現して、生きてほしいなと思います」

 

池田さんが別府で生活している間は、航さんとビデオ通話でコミュニケーションを取っていて、「同じ空間にはいないものの、寂しくはないです」と話します。

 

「デメリットを上回るメリット」2拠点生活

 

航さんをはじめ、周りのサポートを受け、別府と東京で活動する池田さん。そんな2拠点生活のメリットについて…

 

 

ーー池田佳乃子さん

「東京だけだと知り合えない方々、鉄輪のおかみさんであったり、大学生や観光で来る方。そういう方々と話すことで自分の凝り固まっていた価値観がすごくほぐれる感じがします。(以前は)固定観念の塊みたいな感じだったのですが、色々な考え方があるんだなと2拠点生活をしてから分かるようになりました」

 

一方、2拠点生活のデメリットとしては家賃や移動費といった「コストがかかること」だと話します。「安い航空券を探したりしてカバーしています」と語る池田さん、2拠点生活を続けるのには、デメリットを上回るメリットがあると考えているからです。

 

ーー池田佳乃子さん

「自分は別府の魅力を伝えたい思いが強いので、それをするためにはどういう仕事や働き方をすればいいのだろうと考えて、今の形になっているのかなと思います。こういう暮らし方はまだまだ少ないと思いますが、暮らしと自分のやりたいことと仕事がうまく融合した形を皆さんに発信して、同じようにチャレンジしてくれる人が増えたらうれしいなと思います」

 

 

2022年3月12日放送のサタデーパレットより

サタデーパレット スタッフ
取材リポート

最新のニュース